アートリエティとは|ちょっとだけほっとするクリニカルアート(臨床美術@徳島市)

アートリエティとは

リエティーは臨床美術士でありイラストレーター。アートリエティは、リエティのアート活動の名称であり活動の場でもあります。

・イラストレーターとしてのサイト→ 花と女性のイラストレーション
・臨床美術について→ 臨床美術(クリニカルアート)とは

アートリエティができること

アートリエティでは、つぎのような形で臨床美術プラグラムのセッションを行っていきたいと思っています。
※対象はしょうがいの有無や美術の経験・得意不得意に関係なく老若男女、すべての方です。
※時間、場所、プログラム内容、料金についてはご相談のうえ決定することになります。

教育、福祉医療、ビジネスの現場での臨床美術プラグラムの実践

教育や福祉医療の現場、または会社で臨床美術プラグラムのセッションを行います。
職場でのメンタルヘルス対策として、また気持ちよく仕事に取り掛かるための従来のラジオ体操などの代わりに。
認知症予防やリハビリの一環として。利用者さんだけでなくスタッフやお家の方の心身のリラックスのために。
必要な材料や道具は基本的にすべて持参して現場にお伺いいたします。

気心知れた仲間たち(家族/友人同士)とのアートの体験

2人以上の方で集まっていただければ臨床美術のセッションができます。
カフェでお茶するひとときのように、ワイワイ楽しくセッションしましょう。
ちょっとアート体験してみたいとき、こころをリセットしたいときなど、お気軽にお声がけください。
場所はこちらの実習室などを考えていますが、もちろんご相談のうえ決めることになります。

カルチャースクールでの講習

徳島県内でのさまざまなカルチャーセンターやスクールの講座を持ちたいと思っています。
募集期間や料金などは、それぞれのカルチャースクールの規定に沿う形となります。

イベントでのセッション

徳島を中心とした各種のイベントに参加して臨床美術プラグラムのセッションを行っていきます。

主催者リエティーについての自己紹介

臨床美術士/イラストレーター
1995年からフリーのイラストレーターとして活動

今までの臨床美術士としての活動

・徳島県自治研修センターで臨床美術の県民講座を企画、実施
・鳴門市の障がい者支援施設で職員/利用者にそれぞれ臨床美術プログラムを実践
・M-あ〜と・さ〜くる (臨床美術とくしま)で講師をつとめる
・専門学校のデザインの授業の一環として臨床美術プログラムを実践
・徳島市内での臨床美術セッションでアシスタントをつとめる
・高知市内での臨床美術セッションでアシスタントをつとめる
・愛媛県八幡浜市での臨床美術セッションでアシスタントをつとめる

今までに担当させていただいたイラストレーション(一部)

・ファッション雑誌 Commons&Sense(河出書房新社)連載小説イラスト
・花の日本語(幻冬舎)表紙・挿絵イラスト110点
・イメージ記憶力養成ゲーム「右脳恐竜紀」(パナソニック)キャラクター
・ゆがみ矯正で即効キレイ!なめらかカラダ セラピー(河出書房新社)表紙・挿絵イラスト

そのほかの仕事と資格

2000年から現在も継続して専門学校でデザインのクラスを受け持っています
2015年 Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力試験スタンダード/エキスパート資格取得
2015年 メンタルヘルスマネジメント資格取得
2016年 臨床美術士資格取得